学習会

2014.12.10薬剤師事務交流会

12月6日、7日に京都のアランヴェールホテル京都で東海北陸地協薬剤師・事務交流集会を行い、東海北陸の民医連の薬剤師と事務職員が集まりました。講演では、京都民医連中央病院の川島市郎医師より、「終末期医療をとおして考える貧困・連携・患者コミュニケーション」と題し、て京都民医連の取組をお話ししていただきました。
指定報告では、各病院や薬局の取り組みの発表があり、その後ディスカッションで意見交流をしました。

2014.12.05民医連らしく…学術運動交流集会

11月30日、河芸中央公民館で第19回学術運動交流集会を行い、三重県内の民医連(民主医療機関連合会)の医療機関の職員が集まりました。
記念講演では、山田智医師より「私たち民医連がめざす地域包括ケアと実現に向けた取組」と題して、山田医師の経験のお話を分かりやすくしていただきました。
分科会では、各職場より、この一年間の成果や取り組みについて発表しました。
薬学生も参加し「薬害根絶デーに参加して」と題し、薬害について広めようと発表を行いました。

民医連らしく…学術運動交流集会

2014.10.08民医連薬剤活動について

10月8日、「民医連綱領を活かした薬剤活動-患者様の困難に寄り添った活動から民医連薬剤師の存在意義を考える-」と題して、(有)静岡保険企画の吉岡優子氏による講演を行い、職員約20名が参加しました。実際の体験談や日々の業務の中で大切にしていることなどの話しがあり、民医連の薬剤師の姿を考えました。

民医連薬剤活動について

2014.02.03薬学生セミナーを開催しました!

 2014年2月2日(日)にメルパルク名古屋にて「薬学生セミナー 変貌する薬学現場」を開催し、約30名の学生に参加してもらいました。
 このセミナーはファルマネットとうかい・ほくりくが主催し、毎年行われています。
 講演では、わかば薬局の「在宅の薬剤師活動」、たまち薬局の「ヘルスプロモーションへの進出」協立総合病院の「チーム医療の展開」をそれぞれ現場の薬剤師が話しました。
 参加した学生からは「薬剤師の仕事の幅が広がっていることを感じた。知らないことが多くて、参加して良かった」と話してもらいました。
 同時開催の合同就職説明会でも、当薬局のブースにもたくさんの学生が来てくれました。当薬局では、見学・体験もできますので、気軽に現場の薬剤師の姿を見に来てくださいね。

薬学生セミナーを開催しました!
薬学生セミナーを開催しました!

2013.09.11糖尿病薬について学ぼう!

9月10日、ほほえみ柳山薬局で県連薬事委員会主催の「薬の勉強会 糖尿病薬の使い方」が開催され、職員・薬学生など16名が参加しました。
 講演は、津生協病院の加藤晶俊医師が講師となり、糖尿病薬の処方についての考え方や患者さんへの対応などのお話がありました。
 「内用薬を増やす、または違うものに変える判断は何か?」「インシュリンとの組み合わせは?」など活発に質問が飛び交いました。
 また、冒頭には津生協病院の乾薬剤師より、8月23日・24日に開催された「薬害根絶デー」の参加報告もありました。

糖尿病薬について学ぼう!